愛でる

留学時代に、あるドクターのサマーハウスに遊びにいったことがある。


そこは、フィヨルドの奥のしずかな入り江の縁に立つ、ちいさなボートハウスだった。


めずらしい木製のヨットを持っていて、とても美しかった。


「メンテ、たいへんでしょう」
「まあね、でもそれがボクの楽しみだから」
と、笑いながらペレが答えた。


「ちょっと、こっちにおいでよ」
と、船着き場の横にある小さな小屋によばれた。


4畳くらいのスペースの真ん中に、作業机が置いてある。
壁には、さまざまな道具がきれいに掛けられていて、とても美しい空間だった。


「この部屋に籠もって、リペアしてるときが、サイコーの時間だよ」


とても、羨ましかった。
自分の好きなモノを、とことん愛でる、ということが。


あれから、15年。
今、私もそんな空間と時間が、得られたのかもしれない。