大好きな道具7

ドリル・アンド・ソー (つづき)


2011〜
ストライカー CORE


もうハンドピースは、Microchoiceで決まりかなー と思っていたら
なんと、強力な新人登場!


TPSに比べたら雲泥の差。すごいモノを作ったナ、ストライカー社。


新規格のバーは、5段階で長さ調整ができるし、ハンドピースの軸長に依存しない、
ユニバーサル・デザインなので、消耗品の無駄が少ない。


イリゲーションのセットアップもすごくスマートだし、コンソールの出力も3系統ある。
それに合わせて、イリゲーションの出力も2系統が切替られる。


そして、なによりもそういったアレンジを、すべてフットスイッチに振り分けることができるのが、便利。
レシプロとバーの切替、イリゲーションのon/off など足元で自由自在。


外回りに切替を頼む必要なし、タイムラグもなしってんで、我が儘・気儘に使える。
(だから、1 jaw までは、手洗いNrsと二人でできちゃうんです)


唯一の欠点は、機能をフットスイッチに振り分けすぎて、
たまにどれを踏むんだったか、わかんなくなっちゃうこと・・


今のところは、これで決まりかなって感じです、ソーに関しては。


でも、また、すごいニューカマーと出会うんだろうな。
それまで手術ができたらいいけどね。