大好きな道具3

骨といえば、のみ、のこぎり、ドリル。


というわけで、こちらも垂涎の?道具たちのご紹介。

(一部、不適切とお感じになる表現があるかもしれませんが、外科医が「仕事で使う道具」です。
仕事の不思議さについては、こちらをご参照下さい。)


ノミ

祖父が大工だったせいもあり、小さい頃からノミを叩いていた(らしい)。
物心がついてからは、仕事用のノミを勝手に持ち出して、
庭にあったそのへんの材木にほぞ穴を掘って、えらく叱られたことを覚えている。

きれいに研いだノミの刃でも欠けたら、そりゃ仕事にならない。



たしかに日本のノミは、先端が包丁のように研いである。
木材に垂直に打ち込んでも、すっと、吸い込まれるように先端が入ってゆく。
きもちよい。


でも、このタイプのノミは骨には使えない。
硬いものに当たると、刃こぼれしてしまうのだ。



ということで、骨用のノミは、やはり舶来モノになってしまう。
石を切り出してきた歴史が生み出したノミは、骨の細工に合う。


切る、というより、くさびのように割る、という感じの使い方だ。
だから、鋼の感じも、日本のものと異なる。
やや柔らかくて、しなる感じの鋼材だ。


ドイツ鋼、スウェーデン鋼と呼ばれる焼きの入ったものが、なかなかよい。




で、お気に入りは、ライビンガー(ストライカー社)のモノ。


よいんだわ、これが。
しなり具合といい、切れ具合といい、
狙ったところにちゃんと進んで行ってくれる。


これ以外だと、滑って恐ろしいところにツッコミそうになったり・・
○○が××で**そうになって、激しく冷や汗をかいたり・・・


ですから仕事道具は、みんなの安全のためにも、よいモノを選びましょう。



で、
これも、おすすめです。