伝言ゲーム

韓国の美容外科のレベルは 総じて高い
そのことは いくつかのクリニックに伺った経験や
学会の発表内容から わかる


ところが このところ 韓国で手術を受けられて 
それが思ったようにいっていない
というご相談にいらっしゃる患者さんが すくなくない


「術前にお願いした希望内容と ぜんぜん違う・・・」
とおっしゃる


聞けば 私も手術を見せて頂いたことのある 一流のクリニックだ
施術に 問題はまったくない
むしろ とてもていねいで よい手術がなされている


「私は **をこうしてください ++については あまり変えないでくださいと お願いしたんです!」
「でも そうならなかった ということなんですね」
「はい そうです! あれだけ ちゃんと言ったのに どーして・・・泣・・」


「え・・っと で あなたは韓国語は 話せるんですか」
「いいえ 通訳さんにお願いして」
「その通訳さんは あなたが雇った方ですか」
「いいえ あちらの方で 用意してくださった方で・・・」


「では あなたの話した内容が どれだけ正確にドクターに伝わったどうか わからないですよね」
「・・・・」


ますます悲しそうな顔をされる


「でも センセイ! 私は ちゃんと言ったんです!」


「ごめんない あなたのことを 責めているわけではないんです。
ただ 海外で施術を受けるということは そういう事だと思うんです」



重要な会談などでは それぞれが 自国の通訳を同席させる
そして片方向(日米会談なら 日本側が日本語を英語にする)で 行うのが一般的だ


美容外科手術は 安全が第一であることに異論はない
そう言った意味では 施術数の多い施設がよいのはまちがいない


しかし その次に というかほぼ同じように重要なのが デザインだ


どこを どの程度 変化させるか
そういったことは 患者さん自身にしか わからない


だから それをきちんと伝えることが 
美容外科治療の成功には欠かせない


とても大事な お顔の手術を受けるのであれば 
ご自身で 信頼できる通訳を 雇うくらいのことは
必要なのかもしれません と思うのです

J&J

なぜか、東大在籍中からのお付き合いが続いていて
プレジデント就任パーティーに呼んでくださる


前回は 日色さんが就任のときだった
今回は 玉井さんへバトンが渡される


恥ずかしながら この歳になって ようやく
社長という仕事が すこしわかるようになってきた


組織は それぞれが 独自の性格を帯びた いきものだ
そして それは 成長 というか 変化する

若くなったり 老けたり
急に体が大きくなったり ケガをしたり・・

そんないきものの お世話をする たいへんな仕事だと思っている


会の後半に 松本晃さんが登壇
松本さんと言えば かつて社長時代に 
J&Jの業績を大きく黒字転換させたことで有名だ
その後は カルビーに移り そこでも増収増益というV字回復を達成されている


今は ライザップにいらっしゃるのだが 
ちょうど いろいろとあったときなので 
そのことを 面白おかしく お話になったが
その言葉のはしばし 立ち姿に
大きないきものを手なずけてきた 風格があふれ出ている


すごいなーー
でも こういうのは 生まれ持ったものと 
好き嫌いと 努力で きまるんだろーなー

って 会場のかたすみで 見てました



帝国ホテルのおいしいステーキとか お鮨とか いっぱいあったんだけど
直前に 本多劇場をでたところで腹がへって・・
つい・・餃子をいっぱい食べてしまい・・
・・・ザンネン!


PRS Korea

2016年につづき 今年もPRS Korea にお声がけいただき
2つほど、お話させてもらう


なんやかんやで、顔見知りが多いなーー なんて思ってたら
台湾、シンガポールなどアジアからの参加者が300名くらいとのこと
もはやインターナショナルな学会になったと言って良い


そもそもは国内の総会だったわけで
このあたりの舵の切り方は、危機感の成せる技か
それとも、国民性なのか いずれにしても大胆だ


この攻めの姿勢は今のところ うまくいっているようにみえる
形成外科・美容外科のプラットホームを作ることで
人と情報を集約し、そこに企業を寄せることでイニシアチブをとる


そんな戦略と思っていたんだけど、2年ぶりに来て
あれっと 思うことがあった
ひとつは コンテンツの質を どう維持するかという問題
もうひとつは 集まったモノの 流出だ


いずれも箱作りの次に待ち構えるやっかいなことで
サイズが大きくなればなるほど 深刻になる
学会という集合体だから なおさら難しいとおもう
生きものだからね



できる3人衆(台湾)と神出鬼没コンビ(日本)


Koh先生と (photo by Dr K. Fukuta)


6年前のが でてきた! Jeong先生と


おまけ
異国どたばた 海外やっちまったシリーズに 
また新たなストーリーが加わったよ


最終日の発表やら座長やらがすんだのが、6時すぎだったので
その日は、久しぶりに G先生らみんなと晩ご飯をご一緒する


いい感じで部屋にもどって、翌朝、ゆっくりとチェックアウト
車窓から漢江を眺めながら、空港に向かう 
(今回もなかなか面白かったわ やること みえたし・・)


「えっと チェクイン お願いします 羽田行きです」
「ハイ えー では パスポートお願いします」
「パスポート・・・で・す・ね・・・・」
「はい そうです」



「・・・・ありません・・・・」
「ありません? オキャクサマ・・それは ちょっと コマリマシタですね・・・」


そういえば、初日に部屋のセキュリティーボックスに放り込んで
そのままだったのを 思い出した
あちゃ〜〜
今から往復したら、間に合わないわ どーしましょ


まずは、ホテルに連絡 とケータイをみると


ASAP!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
のメールがぁ!!!!!!!!!!!!



結局、ホテルからバイク便で届けてもらうことになって
待つこと1時間20分・・


バイクの兄ちゃん到着 カムサハムニダ
出発20分前にチェックイン カムサハムニダ
走って出国審査 アンニョン
さらに走って搭乗口 アンニョンハセヨ

ふう〜〜 間に合いました


みなさん、ありがとうございました


他、どたばたは こちらでお楽しみください

異国どたばた(台湾) - いい表情が顔のすべてだ

異国どたばた(メキシコ) - いい表情が顔のすべてだ

Boston Dynamics

以前から、気になっていた Boston Dynamics

戦時下用のごっついエンジンを積んだロボットから

なんとも チャーミングな電動スタイルに進化させてきたよ


このあたりの しつこく仕上げてくるところ 敬服する 
みんな 大好きでやってるからなんだろうなぁ〜